グランプリは 愛知県の大久保 俊宏さんに決定!

募集要項はこちら

表紙にお絵描き・デザインコンペ審査結果発表

grandprix2017.png

2017年8月20日、神楽坂にて、「表紙にお絵描き」デザインコンペの審査会が行われ、大賞グランプリに愛知県の大久保 俊宏さんの作品が選ばれました。

また協賛各商店等による各賞が決定されました。グランプリ大賞の作品は制作チームの手でパンフレットの表紙になります。また、グランプリ大賞者にはアグネスホテル東京宿泊招待券、各賞には各商店から賞品が、後日郵送されます。しばらくお待ちくださいませ。
今年のコンペにも全国各地から多数の応募をいただきました。ご参加いただいた皆様に、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

審査委員は、U.G.サトー(グラフィックデザイナー)委員長、そしてまち飛びフェスタ実行委員会の日置圭子委員長、おかめ家ゆうこ委員(デザイナー)の面々で行いました。

U.G.サトー氏のコメント

今回応募の全45点は、神楽坂の表情と楽しさをよく捉えた質の高い作品が多く年々レベルが上がってきて個性的であった。今回の審査も非常に楽しかった。
グランプリ大賞作品は、場所の選定と面白いアングルからの絵が作者のセンスを感じるものであった。カラフルな中にも、神楽坂のシックなイメージと、細かい部分までよく表現されていた。 「面白い場所(神楽坂)の発見」という感じが今回の決め手となった。

受賞作品はこちらをご覧下さい。